忌まわしき記憶
おはようございますballoonです。みなさんも遠い昔の事だけど鮮明に覚えている
出来事ってけっこうあると思うのですが、さきほど原チャリで仕事からの帰り道、
何となく娘の事を考えていたら、私自身の小学一年生の時のあの忌まわしい事件の事が何故か急にフラッシュバックしてきたのでここに記さねばなりません・・

あれは季節は覚えていませんが、とても暑い日のできごとでした。
私は一番後ろの席で一人モゾモゾとモゾついていました。
暑さのせいで汗でケツにパンツが激しく食い込み、その不快感から必死に逃れようとしていたのです。それでも我慢ができずにとうとう反射的にガバッと立ち上がってしまいました。
驚いた担任の横沢先生が「中村どうしたの?」、クラスの皆も私を見ています。
ピーンチ!
慌てた私はとっさに黒板の上の方を指差し「あそこにカブトムシが!!」
すると予想しなかった暴動が起こりました。男子ほぼ全員「どこじゃ!カブトムシはどこじゃ〜い!!」、「みんな席に座りなさ〜い!!」と、横沢先生。
そのパニックの隙に無事パンツをひっぱがすことに成功しましたが、
男子の興奮は冷めず、「どこだよ中村!どこにいるんだよ!?」
「・・飛んでっちゃた・・・」    
シ〜ン・・・・
それはもうものすごいヒンシュクでしたよ。
内一人とは本当に仲が悪くなり、後日なぜかかけっこで決闘した記憶も有ります。

さて、何が言いたいかというとですね、最近猛暑が続くので皆さんも気をつけて下さいね・・

balloon中村
[PR]
by tetsu-115 | 2007-08-11 06:34
<< 嬉しいご報告 チキンハート >>