2009年 11月 17日 ( 1 )
清明と博雅が酒を呑む場面ごっこ
時代物小説はほとんど読まないのだけど、
先日ふと手にした夢枕獏先生の「陰陽師」がとても良かった。

物語も然ること、文体のリズムがやんわりと身体に刻まれて心地よい

物語序盤の阿倍清明と源博雅が「ゆるゆる」と酒を酌み交わす場面に
影響を受けて、早速お酒とはたはたの干物を買って来ました。

ホントすぐその気になる男なんです(笑)


仕事から帰るとすぐにいそいそとはたはたを炙り、
気分を出そうと蝋燭に火を灯し、さあゲームスタート!

でもね・・

暗過ぎ!
e0041316_554479.jpg

壁に目をやると先日購入したカレンダーの中田有紀さんが
ボウッっと浮かびあがったり
美女だけにちとコワい(^_^;)

大変失礼な話だが、この際それを氏神に見立てる事にして、
まあ随分と飲んでしまった。

あげく酔っぱらって独り言じゃなかった、呪(しゅ)を唱えてみたり・・

楽しい一人酒でした(^。^)


後日この小説が映画「陰陽師」の原作と知り、
早速借りて観てみたのですが
何故か頭の中で「宇宙刑事ギャバン」のテーマ曲が鳴りっぱなしでした。


話は現代に戻り、今日のお休みは娘の夏生を連れて
マイケルジャクソンのthis is itを観に行くんだポゥ。

今の処夏生は全く関心なし
むしろめんどくさそうな顔してるけど、
スッゲーんだから見ておれよ!

[PR]
by tetsu-115 | 2009-11-17 06:02