私は赤いきつね派
balloonです、先日映画“西遊記”のCMを見たせいか、「三蔵法師一味最大の敵、金角と銀角の本名は実は赤いきつねと緑のたぬきだったのである!・・・」というアホな夢から目覚めると、ひええ〜、大寝坊の夕方四時ではないか!十二時には起きてやる事があったと言うのに・・
今日は早く出勤して新メニューの企画と試作やメニュー作成をするつもりだったのです。
お題は「グリル豚(トン)」、要するにやきとんのような物です。この間試作したときに手応えを感じたので、早くに安定供給出来るよう準備を進めますのでお楽しみに!

ちなみに冒頭の金角銀角の漢字を確認しようと西遊記のHPを開いたところ、おぉ!
なんとマルちゃんがタイアップして赤いきつねと緑のたぬきが映画のキャンペーン商品になっているではないか!
これは無意識にそのCMか何かを見て、それが記憶にすり込まれ夢となって出て来たのか・・
それとも単なる偶然か・・   えっ?そんなことどうでもいい?

balloon中村
[PR]
# by tetsu-115 | 2007-07-15 17:09
「すいませ〜んビールください」
洗濯物が乾かない今日この頃皆様いかがお過ごしでしょうか?balloonです。
二日前の休みの日にワイフと一緒に行きつけの登戸の居酒屋「源氏」に行って来ました。
ここは私の「この三店があればもう大体幸せ!」の内の一軒で、こわもての大将とずるがしこそうな参謀が二人で回す正に正統派のThe大衆居酒屋なのです。
ちなみに他の二店はといいますと、
・乃木坂の「祥瑞」、ワイン飲む時はまずここですね
・銀座の「ロックフィッシュ」、このバーのセンスには参ってしまいます

さて「源氏」はその日もサラリーマンのおとーさん達で賑わっておりました。カウンターに陣取って
オーダーを済ませておりますと、三席となりのおとーさんが「すいませ〜んビールください」と注文しました。まあごくごく普通で当たり前の事なんですが、このプロの酔っぱらいのおとーさんの発するリズミカルで流暢な「すいませ〜んビールください」が何故かタイミング的に私の心を捉えてしまいまして、思わず「すいませ〜んビールください・・か、いいなぁ人生って・・・」などとまたしても訳の分からない感動を覚えながら少しだけ幸せな気持ちになってしまうのでした。
我々も“いつものアレ”等をつまみながら瓶ビールからキープのいいちこをやりつつすっかり酔ってしまいました。

いつものアレ
e0041316_1530272.jpg


その後足を延ばしNっちや某秋葉系アイドルの働く店に行いったのだがよく覚えていない・・
ひたすら食べてたような気がする。Oさんいつもごちそうさん

私もいつまでも健康で、幸せの「すいませ〜んビールください」を発していたいものです・・

balloon中村
[PR]
# by tetsu-115 | 2007-07-12 15:41
シーサー造り
宮古島から帰って来てからもう三年になります。今は大体半年に一度くらいのペースで行きますが、あくまでも仕事で行くので、海でボーッとしたりする暇などなくこれで意外と忙しいのです。しかしそれでもトッロコやチャックと酒を飲んだり、青春時代をともにした仲間と会ったりするのは大きな楽しみなのであります。

三回前の訪島からまた一つ新しいお楽しみが加わりました。それは「シーサー作り」!
パイナガマビーチで友人のキュウマ君がかまえる工房「シーサー物語」でお手軽にオリジナルシーサーが作れるのです。
もし宮古に行く機会がある方、balloonのパワープッシュです。是非!
もちろん本格的なシーサーは素人には厳しいですが、アニメ調のかわいい物だったらキュウマ君のゆるい指導を受けながら誰でも簡単に作れるのです。
先月伺ったときには私の横で観光のお母さんとお父さんが「ねんどころころちてねー」などと言いながら小さなお子様と作っておりました。その位気楽に出来ると言う事です。
そうそう「おじょうじゅでちゅよー」とも言っておりました・・
大体二、三時間の作業なのですがすごく没頭できます!なーんにも考えずただもくもくと作るんです。久々にそう言う時間を持てて、私すっかりはまってしまいました。
三回前はフライングVを持つギターシーサーを作りました。二回前はパーカッションを叩くドラムシーサー、そう、狙いはシーサーの四人編成ヘヴィメタルバンドを作る事です。
後はベースとボーカル・・ 先月行ったときにはベースを作る予定だったのですが、なぜかイメージが降って来ないので気持ちを切り替えて「ベースは次回、コックさんを作ろう」と閃き、
作ったのがようやく焼き上がり昨日宮古から届きました!
e0041316_1521830.jpg



ゴーヤチャンプルーシーサー!・・・・

おじょうっじゅにできまちた!・・・

balloon中村
[PR]
# by tetsu-115 | 2007-07-09 15:31
悪魔ののどぶえ
こんにちは、寝苦しい夜をあなたとともに、トロッコ砂山です。

さて、無趣味無教養でならしているわたくしトロッコですが、何を隠そう、当世きっての旅行好きで地理マニアでございます。
全ての国の名前と首都は、特殊な暗記法を用い全てそらんじておりますし、その国々の特色はあらかた頭に入っております。

10余年も昔でしたら、バックパックを担いでやれユカタン半島だ、やれ新疆ウイグル自治区だとあちこち駆け回っておりましたが、いまはここ宮古島に幽閉されている身、もっぱらリビングルームトラヴェラーに甘んじております。
地図帳は家に仕事場に一冊ずつ常備し、暇があれば穴が開くほど眺めておりますし、google earthをおかずにごはん3杯はいく勢いです。


そんなわたくしの憧れの場所のひとつに、イグアスの滝があります。
ご存知のように、イグアスの滝はヴィクトリアの滝、ナイアガラの滝と並んで世界三大瀑布に数えられておりまして、水量、スケール、規模全てにおいて世界最大の滝といってもよいでしょう。

滝川クリステルも水之江滝子もピエール瀧も、滝のつくものは何でも好きなわたくしトロッコにとっては聖地のような場所でございます。

そんなトロッコのサンクチュアリ、イグアスの滝の最深部、落差80メートルの部分をその名も「悪魔ののどぶえ」といいます。

悪魔ののどぶえ!

なんてダイナミックでスリリングかつおそろしい名前でしょう!
e0041316_411486.jpg
ここでどんなすさまじい音が鳴り響いているのか想像もできません。
この名前に匹敵するのは奈良県明日香村の「鬼の雪隠」くらいでしょうか。
(ちなみに「悪魔の喉笛」などど全部漢字にしてはいけません。なんとなく横溝正史テイストが感じられていいという人もいるかもしれませんが、あくまでも「のどぶえ」とひらがなで書いてこそ凄みが出るってものです。 また「あくまののどぶえ」とオールひらがなにすると、ドラクエのレアアイテムのようになってしまいこれもいけません。)

このような世にもすばらしい名前を探し回るのも、地図帳遊びのひとつの愉しみでございます。

みなさまも是非。


それではきょうはこのあたりで。


トロッコ砂山
[PR]
# by tetsu-115 | 2007-07-07 04:10
宮古島の思いで  その1
暑いですなー でも宮古はこんな物じゃないはず、相当きてるだろうな・・ と言う訳でたまには宮古島の思い出など書きましょうね、 そりゃあ11年も住んでればいろいろ思い出もある訳でして・・ 私が宮古に渡ったのが今から14年前の24才になったばかりの時でした。何もかもが新鮮でしたが、今回は初めて体験した沖縄の台風の日のお話。 今思えばあれは中ぐらいの台風でした。たしか風速45メートル位だったはず、夕方からゴンゴンに荒れ初めましてね、それはもう強烈でした。「うおーこれが沖縄の台風かぁ」、初体験の私は外に出れるはずも無く部屋の窓から怯えながら一人で心細く外を眺めておりました。 すると電話が鳴りまして、出てみるとアパートの一階に住んでる大家さんのJさん、「中村ぁ、よかったら下来て飲もうよ!」 いやあ嬉しかったですよ、すぐさま降りるとアパートの住人がすでに集まっておりまして、テーブルにはごちそうの数々と酒、酒、酒・・ もう皆さんやる気満々モードです、楽しかったですよー!みんなで酒飲んで歌って・・ 大盛り上がりしていましたが気づくとJさんがいません、すると外から「行ってくるぞー!」、完全防備したJさんがスーパーカブに股がっております。「ど、どこ行くんですか!?」と私、するとJさん、「ビール買ってくる」   ・・・ビールかよっ!ていうかあんなあったのにもう無くなったのかよ!ていうか店やってんのかよ!! ・・やってるんですなあこれが、こんなお客が来るのを見越してがんばってます「にしどまり商店」。その後の記憶はあいまいです。ずーっと飲んでどんちゃん騒ぎしてました。台風のインパクトよりも酒に対する執念てやつをまざまざと見せつけられましたね、でも今思えばこんなのは序の口だったんです。それからの11年間の間に私balloonは熱き血潮たぎる島の人々にかこまれ、さらなる阿鼻叫喚の酒地獄を体験していくのでした・・

おっ、チャックも加わり三人そろったね、じゃあ行くかい   
  
balloon中村
 
[PR]
# by tetsu-115 | 2007-07-06 17:39