神のニラ玉
人はそれを“神のニラ玉”と呼ぶ・・
私が経堂で唯一通う店、
経堂西通り「焼鳥・釜飯 鳥へい」の一平さんのニラ玉である

まずは「せせり」と「つくね」でビールなんぞキューッとやりますね、
e0041316_14283316.jpg

このせせりがまたジューシーでたまらないのです。

そしてやや間を置いて、なぜか少しだけハニカミながらニラ玉を注文するのです。
(毎回々同じ物をオーダーするのってちょっとだけ照れません?)
どうですこのプルンプルンのボディ!口に含んだ瞬間トロリと五感に絡み付く、
あぁ、なんて官能的で罪深いニラ玉!
e0041316_14453115.jpg


私本当にはまってしまいましてね、一平さんに作り方の指導をお願いをしたところ
快く教えて下さいました。
それからという物、たまに家でつくるおかずもニラ玉、お店のまかないもニラ玉、
帰って家で晩酌する時もニラ玉、あげくのはてに先々週宮古島にひとっ飛び、
「ボックリーのチョッキ」スタッフに開口一番「ニラ玉やろうぜニラ玉!!」・・
レクチャーしてまいりました。

そんなこんなやってるとですね、一平さんの域にはほど遠いにしても
結構上手になって来まして、 現在ワインに合うニラ玉とか色々なシリーズを
研究しています。 ちかくメニューに公開されますのでお楽しみに!

さてこの「鳥へい」なんですが、店内に漂うダメ人間的エネルギーが
私的にはとても居心地が良く、気づくと足が向いてしまいます・・
そして一平さん、61歳のここにきて支店の出店計画があるそうです。
私も負けずに夢を追わなくては!
e0041316_15363948.jpg

一平さん、ものすごくHなピーターパン

                                            balloon中村
[PR]
# by tetsu-115 | 2007-06-27 15:41
宮古島よりブログ発信いたします
みなさん、はじめまして。
宮古島はボックリーのチョッキ店長、トロッコ砂山でございます。
以後よろしくどうぞ。

じつはわたくしトロッコ、叙情的で文学青年のような風貌に反して、文章が大の苦手でございます。
しかしながら、わがバルーン先輩のほとばしるような華麗な文章に追いつけるよう頑張って行きたいと思いますので、どうかお付き合いくださいませ。

さて、まずはじめにわたくしと宮古島の出会いなどすこし。


わたくしが宮古島にやってきたのは今から13年ほど昔、震災や地下鉄サリン事件が起こるすこし前の冬のことでした。

わたくしは今で言うニート生活まっただなか、そろそろバイトでも探さなきゃおかあさんに泣かれちゃう、と求人情報誌をペラペラめくっておりました。
そのなかで何気なく開いた「リゾートで働こう!」のコーナーの一角に、「東京から三千キロ、南の島でこどもたちに勉強を教えませんか?塾講師募集」の文字が!
その時わたくしの中ではすでにブーゲンビリアの花に囲まれて可愛い子供たちに「くらむぼんはわらったよ」などど宮沢賢治を朗読して聞かせている自分の姿が広がり、気分は二十四の瞳の女教師になっていました。
募集要項の「大卒以上」の条件も無視して(わたくし専門学校卒であります)履歴書をせっせと書き始めたのでありました。

よほど応募した人が少なかったのか、それともわたくしの知性あふれる風貌がよかったのか、なんとか雇っていただけることになり、晴れて宮古島の地を踏むことになったのです。


しかし英語の五文型もろくに理解してないにわか塾講師がそのままうまくいくはずもなく、クビになりそうになったり、そこを何とかと食い下がり猛勉強して先生を続けさせてもらったりして、なんとか1年間勤め上げ、明日宮古を出ますありがとうございましたと挨拶に行った行きつけのイタリア料理店のご主人に「お前ここで働け」と拾われ、それからわたくしの本格的な終わりなき宮古島ライフが始まることとなったのです。

わたくしとバルーン中村との出会いもこの頃ですが、それはまた別の機会に。

へたくそな文章にお付き合いいただいてありがとうございました。


それではまた次回、ごきげんよう。


      トロッコ砂山
[PR]
# by tetsu-115 | 2007-06-26 12:04
娘への手紙
先日十歳になる娘に初めて手紙を書きました。
学校側の企画で、水曜日から二泊三日で行われる自然教室の
サプライズイベントで、キャンプファイヤーの時に親からの手紙を
渡すので内緒で手紙を書いて封筒に入れて提出して下さいとの事、
企画としてすばらしいと思うのですが、時間の都合でそれを知ってから
書くまでのタイムリミットが約30分!
いざとなると何を書いていいのやら中々浮かんできません。
結局誤摩化しながら何とか書いて、「十年後キミと呑むのがたのしみです。」
みたいな締めくくり方でした。
でも、提出してから、「あーあれも書けば良かったな」とかジワジワと出てくるんです。
そう言う事はこれからの日常のなかでもっと触れ合って伝えて行こうと
改めて思うのでした。
と言いつつ現実はほとんど説教ばかりの毎日だけど・・  ムキャー!

十年後一緒に呑むのが楽しみだ。

                                            balloon中村
[PR]
# by tetsu-115 | 2007-06-25 18:12
無題
今日は天気がようやく梅雨らしくなり、私は昼過ぎまでグズグズと
寝とりました。
昨夜(というよりも早朝)借りっ放しのジューダス・プリーストの
DVDを観ながらいいちこをがぶ飲みしたせいで軽い二日酔い、
なにやら気だるいアンニュイな昼下がりでございます。

ゴロゴロしながらかりあげクンを読んでケラケラ笑っていると
おなかがグーっと鳴りました。
ようしラーメン行っとくか、ならばいつものあの店にGo!
向かうは行きつけの中華そば「八宝」、昔ながらの中華そば屋であります。

最近はやたら自己主張が強かったり、おやじがなぜかいばってるラーメン屋、
これで勝負!的なオーラが漂っているラーメン屋(商売だから当たり前か?)
に行くと疲れてしまいますね。年ですかね?

そこにいくとここ「八宝」のような所ははまさに私にとって
理想的なホッとするお店です。 ゆるーい空気のなかで二週間位前のマガジン
かなんか読みながら、ラーメンつるりんっ、あーおいしかったごっそさん
仕事遅刻するので今日はこれでおしまい    See ya!

balloon中村
 
e0041316_1819521.jpg

美しいたたずまい
e0041316_18215175.jpg

正統派「ラーチャーギョー」
[PR]
# by tetsu-115 | 2007-06-24 18:23
ハーレーダビッドソン
過去に何度思いつきや決心を公言したり約束したり、
そしてすぐに飽きたり忘れたりしてきたことでしょう、
その度に何度家族やスタッフに迷惑をかけたり惑わせたりした事か・・
来年はソムリエを取る!とか(毎年試験の終わった9月に二週間
程決意するもフェードアウト)
道場に通ってWWEのバティスタみたいなボディになる!とか
(去年某道場に入門するも無事2ヶ月で終了)
ダイエット器具ももはやコレクションの域です。
そんなだったらいいのですが、家庭の取り決めやビジネスがらみだと周りはたまったものじゃありません・・

さて、今一番旬の決心はと言いますと、これはいたって平和
「ハーレーダビッドソンに乗ろう!」です。 ワー、パチパチ
これいきなり降って来ました。
実際私はバイクや車の事全然知らないし、昔からまーーーったく関心
も無いんです。 でも何でですかね?「ハーレーに乗る人生もいいな」と、ひらめいたのです。  そこで色々と調べて観たのですが、いやぁ〜カッコイイですねアレ!
ど迫力の存在感に何て美しいフォルム!
モンスターマシンに股がる自分を想像して思わずウットリ・・ なんて
バイクに乗りたいのでは無いのです、ハーレーに乗りたいのですな
これってある意味正しい動機と言うか衝動だと思います。 早速ワイフに相談した
ら「男のステイタスとしていいんでないかい」との事。
そう言えば宮古の友人のヨコちゃんもすげージェットスキー買ってたな。
おっしゃあ一丁やったろうかい!まずは免許から!今度こそ・・  !

ちなみに写真は私が現在二日に一度股がっているモンスターマシン“エアロビガール” あの“ロデオボーイ2”を遥かに凌ぐ優れもの! 
e0041316_15152769.jpg

前進まねっつの!

                                                         balloon中村
[PR]
# by tetsu-115 | 2007-06-22 16:36